毛深い

私は女性ですが、ムダ毛が濃いので、仕事をしていてもムダ毛が目立つことがコンプレックスになっています。毛深いのでもちろん自分でムダ毛だけをしているのですが、少し仕事が立て込んでしまい疲れていたりするとムダ毛の処理を忘れて仕事に出向いてしまうことがあります。そうするとすぐにムダ毛が伸びてきてしまい、チクチクとするので患者さんと接するときに痛いと言われてしまうことがありますさは、自分ではしっかりと気をつけているつもりでいるのですが、やっぱりつい忘れてしまうことがあるので本当に困っています。脱毛をしようかと考えたこともありますが、脱毛に通っている時間もないし、今は新人でお給料も少ないので脱毛に通う費用もありません。

カミソリなどを使って処理しても翌日の夕方にはムダ毛が伸びてしまっていることが多いので夜勤が連続してしまうなんていう時にはどうしても処理が難しくなってしまうことの方が多く、仕事中にチクチクとムダ毛が目立つし、患者さんに触れた時に痛いと言われるだけではなく、毛深いと指摘されてしまうこともあります。私の中では今現在脱毛に通う事が出来ないので自分でケアをしながら、万が一ケアを忘れてしまった時には患者さんに申し訳ないと思いながらも仕事をしているのですが、やっぱり女性として毛深いというのは非常に大きなコンプレックスですし、仕事がしにくいと感じてしまうことが多いです。

■女性としてすごく辛い

毛深いなどというのは体質によるものなので仕方がないと自分に言い聞かせるようにはしているのですが、それでもやっぱり辛いと感じてしまうことが沢山あります。特に女性ですから、ムダ毛を患者さんから指摘されてしまうのは辛いし、同じ職場で働いてる看護師と話をしている最中に私の腕のムダ毛などをチラチラと見ていてすることがあるので、こういった場面もやっぱりすごく辛いと感じてしまいます。

できるだけムダ毛が目立たないようにしているつもりではいますが、それでもやっぱりムダ毛が目立ってしまうことの方が多く、その場でムダ毛処理をすることができるようなアイテムを持ち歩いて職場でも処理ができるようにした方が良いのかと思っています。近年ではインターネットなどを見ていると簡単にムダ毛をカットすることができるアイテムも販売されているようなので、そういったものを職場に持っておけば休憩時間やお手洗いの際などに処理をすることができますよね。でも私の場合には、腕や足のムダ毛ばかりではなく、顔のムダ毛も濃いのでどこかしらのムダ毛が目立ってしまうことが多くて仕事をしながらも恥ずかしい思いをしてしまうことが多々あります。