キャップが似合わない

看護師の仕事をしていくには必ずナースキャップをかぶるのですが、私は肌が地黒なので、ナースキャップが本当に本当に似合いません。私の病院ではピンク色のナースキャップとナース服を着るのですが、ナース服はさほど違和感を感じませんが、ナースキャップは本当に違和感を感じてしまいます。私は髪の毛の色を染めたりはしていないので比較的黒いし、なおかつ自分で肌の色も他の看護師に比べると色が黒いのでナースキャップが似合わないんです。

ナースキャップが似合わなくても仕事をする事は出来るから、あまり気にする必要はないと思っているのですが、できれば可愛らしくナースキャップをかぶりたいと思ってしまうことの方が多いです。他の看護師さんを見ているとナースキャップがすごく似合っているし、いかにも看護婦さんという感じがするのですが、私の場合にはナースキャップが似合わないので何だか普段は看護師として働いていない人が自分の趣味でナースキャップをかぶっているように見えてしまいます。というよりも自分の中では思ってしまいます。

■白よりは良かった

でも、どんなに似合わないと思っても、もしこれがピンクではなく白いナースキャップだからもっと似合わないと思うんです。ナースキャップだけでは無くてナース服も似合わないと思うし、完全に他の看護師の中で私1人だけが浮いた状態になってしまうと思うから、まだ今のようにピンクのナースキャップで良かったと思います。もう少し髪の色を明るくすればナースキャップが似合うようになるのかもしれないけど、やっぱり仕事上の髪の毛の色を明るくするというのはあまりしたくないし、今のまま我慢するしかありませんよね。

可愛らしくナースキャップが似あう看護師に憧れますが、美白には力を入れていても体質で効果がないと思い諦めている部分もあります。ナースキャップなんて似合わなくても仕事することができるし、仕事の間だけ我慢していれば良いことなので、自分の中では割り切るようにしていますが、でもできるだけ鏡を見ないようにしています。鏡を見てしまうと似合わないことに対して、更にコンプレックスを感じてしまうし、なんとなくモチベーションも下がってしまうので、普段はメイクもしないし鏡を見なくて良い状況を自分の中で作るように心がけています。一つでもモチベーションが下がってしまうような原因があると仕事にも影響してしまうから、他の看護師さんたちとは違って、このように気を使っていなくてはなりません。