病棟でも夜勤専門はきつい

数年前から夜勤専従で働く看護師の募集などが増えてきているので、昼間は働きに出ることが難しい人などの場合には夜勤だけで働いていると思います。私もその中の1人であり夜勤だで病棟勤務しているのですが、やはり夜勤専従であっても、生活のリズムが今までと全く反対になりますので体力的には厳しいと感じることがあります。よく言われているのは夜勤専従で働いていれば日中働かなくてよいので、交代勤務よりも体が楽なんて言われますが、そうではありません。

夜勤専従だからといって昼間に寝ていることができるわけではありませんし、家の事をしたりしているので、やっぱり体力的には疲れていますよね。その状態で夜勤に出向いて行かなくてはなりませんから、交代制の勤務をしている時と体力的にはさほど違わないと思います。特に昼間子供の学校の行事があり出かけた時などは本当に、ぐったりとしているし、夜中に睡魔が襲ってくるなんて言う事もあります。それでも夜勤専従で働いていると日勤ほどバタバタと病院の中を行き来するようなことは少ないので、助かる部分がありますが、夜勤専従だからといって楽をして働いているわけではありません。

■夜勤専従は給料が良いのが救い。

人間は夜寝て朝起きるように体が作られていますから、夜勤専従で働くというのはやっぱり昼間の睡眠時間も削られてしまうし、辛い部分があります。自宅に帰ってから次の出勤時間まで眠っていられるわけではありませんから、とにかく頑張らなければならないのですが、こういった状況の中で働いていても夜勤専従の場合には必ず夜勤手当をもらうことができますので、お給料が良いという部分が救いです。

大変な思いをして睡魔と戦いながら、生活リズムを崩して働いているにもかかわらずお給料が日勤の場合と変わらなければ、もちろん夜勤なんてしたくないという看護師さんが増えてしまうでしょう。私の場合にも同じで、やっぱりお給料が良いことが救いで夜勤専従として頑張っていられると思っています。夜勤専従で働くからにはそれなりの理由があり、昼間にダラダラと過ごしているわけではなく昼間は昼間で家の事をしたり、子供の行事に参加していたりするので、時には日勤で働いているよりも辛く感じてしまうこともあります。また夜勤になると病院内も静かですから眠さも増えるなんて言う事もあると思います。それでも上手に家庭と両立して収入を得ているためには夜勤専従で働いていくしかありませんから、夜勤専従でも雇ってくれる病院があることに感謝したいと思っています。